プロミスの審査は電話がかかってくる?審査は厳しくないのかな

プロミスの審査は電話がかかってくる?審査は厳しくないのかな

プロミスの審査に際して電話がくるというと「在籍確認」がありますが、在籍確認は原則として電話で勤務先にかかってきます。

在籍確認ができない状態で審査に通ることはまずありませんから、プロミスの審査では必須の条件となります。

operator
本人が在籍確認の電話にいつでも出られる状態なら問題ありませんが、そういった環境ではない方も多いと思います。この時に心配なのが「勤務先に借金の申し込みがバレてしまわないか」ということですよね。

プロミスの在籍確認の電話では「プロミスですが~」というように一発で分かってしまうようなかけ方はしません。個人名で「〇〇と申しますが、□□さんはいらっしゃいますか?」とかかってきます。

ただし、近年では「個人情報の保護」という観点から、このような用件のはっきりしない電話は取り次がない(あるいはとりあわない)という企業も増えており、そういった場合、在籍確認が完了しないことになります。

また、個人名で個人宛てに電話がかかってくることがほとんど無い(仕事上の電話は「株式会社〇〇の△△と申しますが」といった感じでかかってくることが多い)という場合も、電話口に出た人が勘の鋭い人だと借金関係の電話ではないかと勘ぐられることがあるので心配です。

もし電話での在籍確認に対してご要望がある場合は、申込完了後にすぐ相談してみてください。必ず希望どおりにしてもらえるとは限りませんが、相談してみても損はありません。

プロミスの審査は甘い?厳しい?

まず「何をもって審査が甘い、厳しい、と判断するのか」という根本的なお話をしますが、例えば、個人の借入や返済の履歴を管理している「個人信用情報機関」に事故情報(俗にいうブラック情報)が記載されている人が借入できたとすると、その金融機関の融資の審査は、確かに「甘い」でしょう。

ですが、プロミスをはじめとした正規の金融機関で事故情報がある人に融資をしてくれるところは、まずありません。事故情報がある人を審査に通さなかったからといって、その金融機関は「審査が厳しい」と言えるでしょうか。

つまり、審査が「甘い」「厳しい」というのは、審査に通った人や落ちた人の個人的な受け取り方に左右される側面が強いのです。

そういった観点から見ると、プロミスの審査は「甘くはない」し「厳しくもない」(ちょっとズルい言い方かもしれませんが)といえます。

そこで、ここからはプロミスの審査に「通らない人」「通りにくい人」「通りやすい人」を見てみていきたいと思います。

プロミスの審査に通らない人

・申し込み条件に合わない人

プロミスの申し込み条件は「年齢20歳以上69歳までの人で本人に安定した収入がある人」となっています。年齢が条件に合わない人は審査に通ることはありません。収入については、総量規制の関係で融資限度額に影響することはありますが、審査に通るか通らないかは、収入の額ではなく毎月安定して収入があるかないかが見られます。言い方を変えれば「毎月きちんと給料の支払われる定職についているかどうか」ということですね。

極端な例をあげれば、年収が何千万もある売れっ子芸能人が審査に落ちることもあり得ます。

・信用情報機関に事故情報が載っている人

信用情報機関には過去の借入や返済の履歴が5年~10年記録されています。正規の金融機関では、個人に貸付を行う際の審査にあたって必ず信用情報機関の情報を参照して、審査の判断材料にしています。ここに事故情報(ブラック情報)が載っている人に対してプロミスが審査を通すことはありません。

信用情報機関には、加盟する金融機関の種別によって3種類があり、以前は情報をシェアしていなかったことから銀行では審査NGだけど消費者金融はOKといった事もあったのですが、現在では複数の信用情報機関に加盟する金融機関も多い事から、いずれの金融機関の履歴でも参照することが出来るようになっています。

各信用情報機関では、本人の情報に限り開示請求して確認することができます。

■全国個人信用情報センター⇒http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

■日本信用情報機構(JICC)⇒http://www.jicc.co.jp/index.html

■割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)⇒http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

※リンクはしておりませんので、コピペでアクセスして下さい。

・申し込みの時に虚偽の申告をする人

審査を受けるにあたって申告する内容について虚偽(ウソ)は絶対にいけません。申告内容はできるだけ正確に正直に答えましょう。

特にやってしまいがちなのが、年収や勤続年数を多めに申告することですが、いずれも調べれば分かってしまうことですし、仮にその状態で審査に通ったとしても、後にウソが発覚すれば一括返済を求められるなどのトラブルとなる可能性は非常に高いです。

もちろん、偽名を使ったり偽造した本人確認書類などを使うのも厳禁です。(犯罪です!)

プロミスの審査に通りにくい人

・他社からの借入がある人(多い人)

これは、単純に他社から借入をしているだけで審査に通りにくいというわけではありません。むしろ、他社借入があっても、きちんと返済を続けている人は審査にプラスになることもあります。

問題になるのは「借入額」と「借入件数」です。

借入額については「総量規制」が関わってきます。年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないという総量規制はプロミスの貸付にも適用されます。年収300万円の人が、他社から合計100万円を借り入れていたとすると、プロミスの審査にはこの場合「通りにくい」ではなく「通らない」となってしまいます。

次に借入件数ですが、年収300万円の人が、他社借入合計50万円だった場合、後50万円は融資してもらえる可能性があります。この時に、他社の借入50万円の内訳が重要です。例えば、1社50万円の借入と5社10万円づつの借入では、1社50万円の方が審査に通る可能性は高くなります。

これは、1社50万円の人と5社10万円づつの人では信用度が違うのです。「1社につき10万円しか借りられないという人は、何か問題があるのではないか」と見られ、審査に通りにくくなり、審査に通ったとしても限度額を低く抑えられる可能性があります。借入件数は少なければ少ないほど有利です。

・短期間に申し込みを繰り返している人

カードローンやキャッシングの審査に通る通らない、あるいは、実際に借入をしたかしていないかに関わらず、申し込みをしたという事実は信用情報機関に必ず登録されます。

申し込みを短期間に繰り返すと、いわゆる「申し込みブラック」という状態になり、その後の審査についてもかなりの悪影響を及ぼします。

「短期間」とはどの程度をいうのかは明確に定義されていませんが、おおよそ1ヶ月程度と判断する金融機関が多いようです。また、申し込みの件数についても金融機関の判断によって違いますが、1ヶ月に3件がボーダーラインと一般的には言われています。

申し込みの履歴は6ヶ月間残りますから、複数の審査に落ちてしまったという場合は、最低でも6ヶ月(出来れば最後の審査を受けた時から)はあいだを開けて再チャレンジした方が無難です。

プロミスの審査に通りやすい人

プロミスをはじめとして、金融機関が融資をする時の審査で重要視するのは、一言で言えば「きちんと返済してくれるかどうか」です。

それを判断するために、年収・勤務先・雇用形態(正社員かアルバイトかなど)・勤続年数・居住形態(持家か否かなど)・居住年数など、様々な要素(属性)を判断材料として、審査に通すかどうかや、利用限度額はいくらにするかなどを決定しています。

当然、これらの要素(属性)が優良なほど審査に通りやすくなりますが、これらの要素と同等、あるいはそれ以上に重要視されるのが「過去も含めた借入状況と返済履歴」です。

一見、借入の履歴があると、それだけで審査に不利ではないかと考えてしまいますが「トラブルなく返済をきちんと続けている人は、今後もきちんと返済をしてくれるだろう」ということで、信用度が高くなります。

ただし、あまりに高額な借入をしていたり、借入件数が多い場合は、たとえ現在までトラブルなく返済を続けていたとしても、今後返済が出来なくなる恐れがあるということで、審査には不利になります。

また、今まで借入をしたことがないという人については、審査に有利になるイメージがありますが、今まで借入をしたことがないということは、当然、借入や返済の履歴がないので融資に慎重になる可能性があります。

先程書いたような属性に問題なければ、審査に通る可能性は高いですが、様子見という意味も含めて利用限度額を低く抑えられることがあります。

※1 平日14時までにWEB契約完了が必要
※2 三井住友銀行の提携ATM手数料無料また、無利息利用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

関連ページ