プロミス審査でお金を借りる理由は聞かれるのか?

プロミス審査でお金を借りる理由は聞かれるのか?

mokutekiプロミスでお金を借りる理由として、大半の方はそれぞれ目的があるはずです。

もちろん審査のときにプロミス側から”今回どのような理由で申し込まれたのですか?”ということは100%聞かれます。
これは自動契約機(無人機)でも有人のお客様サービスセンター、インターネット申込みでも共通していることです。

ただし、プロミスはフリーキャッシングということから、その理由は自由で、審査が通過すればプロミスでは契約者がお金を何に使っているのか?何を買ったのか?ということは把握できません。

プロミス会員規約などを読んでも、どこにもその目的に対する項目がありません。(※事業性資金→会社の運転資金や設備投資の追加資金としては使えません。これは法律で、事業性資金などは目的別ローンとして銀行や消費者金融で別商品として提供されています。)

よってプロミスでお金を借りる理由としては、大変の方が「ショッピング」と記入される方が多いようです。

お金を借りる理由で100%審査が通らないものは

2012-06-01 12.44.48-1プロミスでお金を借りる理由で100%審査に通らないのが「生活費」としてという借入れ理由です。

実は2000年以前の消費者金融はプロミスに限らず、どこでもショッピングや生活費という理由を申告する人が多かったものです。

もちろんお金を借りる本当の潜在理由は他にあったとしても、消費者金融を申し込む人の間で情報が共有されていることから、ほぼ例外なくショッピングと生活費という理由が使われていました。

この年代は総量規制前で貸付金利も30%と非常に高い時代で、貸す側もバブルからこの年代まではイケイケ状態で融資を行い、お金を借りる理由にかかわらずどれだけ貸せたかが競われた時代でした。

たとえばAさんが1社で50万円満額貸付(当時は即日満額限度額50万円がポンポン出た)してもらって、翌日他社で50万円、翌々日他社で50万円借りるなどということが本当に簡単にできました。

※実際、私の友人で、当時遊興費として毎日50万円限度額満額借入れを5日間連続した強者もいました。(そんな時代だったんです)

ところが2000年を超えた辺りから、貸したは良いがあまりにも多くの業者が一人に貸し付け過ぎたために返済できない状態となり、多数の多重債務者を生む原因になったことから、お金を借りる理由が特に重要視されるようになったのです。

この「生活費」がお金を借りる理由として100%プロミス審査に通らない理由としては、今考えてみれば当然なのですが、1ヶ月の生活費が足りないのに、借りたお金をプロミスに返せるわけがないだろう!!

そう!そうなんです。だから、プロミスでお金を借りる理由として”生活費”というのは100%審査に落ちる理由となります。

→  プロミスの使途(使い道)・用途でダメなのはあるの?

※1 平日14時までにWEB契約完了が必要
※2 三井住友銀行の提携ATM手数料無料また、無利息利用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

関連ページ