収入証明書類が不要な場合ってどういう場合?

収入証明書類が不要な場合ってどういう場合?

プロミスで融資の申し込みや契約をする時に、必要となる書類は基本的に運転免許証やあるいはパスポートといった本人確認書類(顔写真のあるもの)一点のみです。

ただし、希望する利用限度額が50万円を超える場合と、他社借入残高(というより利用限度額)とプロミスで希望する利用限度額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要となります。

これは、貸金業法という法律で、消費者金融・クレジットカード会社・信販会社などの、いわゆる「ノンバンク」に分類される金融機関の個人向けローンやキャッシングの契約をするときには、収入証明の提出が義務づけられているためです。

銀行のカードローンなどは、この法律の適用外となっています。

法律によって義務づけられているため、金融機関の判断で融通を利かせてくれるといったことはありません。プロミスも同様です。

ちなみに、他社借入(利用限度額)には銀行からの借入は含まれないとなっていますので、例えば「銀行から既に100万円の融資を受けているからプロミスでは借りられない」ということはありませんのでご安心下さい。

また、プロミスに申し込む時に申告する「他社借入額」や「借入件数」にも、銀行からの借入は含む必要はありません。このことを知らない人が意外と多いので、参考までに。

ということで、プロミスで収入証明が不要となる場合とは、プロミスで希望する利用限度額が50万円未満の時と、銀行からの借入を除いた他社借入とプロミスでの希望利用限度額の合計が100万円を超えない範囲での申し込みということになります。

ただし、審査の状況によっては、収入証明不要となる範囲の申し込みであっても収入証明書の提出が求められることもあるので注意して下さい。プロミスで即日融資(※)などのスピーディーな融資を希望する方は、必要があってもなくても念のため収入証明書をあらかじめ準備しておくといいでしょう。

※お申し込みの時間によって、当日中の融資ができない場合があります。

また、利用限度額の増額を希望する時にも、収入証明書提出不要の範囲を超える場合は、あらためて収入証明書の提出が求められるので、覚えておいて下さい。

プロミスで収入証明書として使えるものは以下のものとなります。(いずれか一点)

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月のものに加え1年分の賞与明細書)
※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書のみでOKです

※1 平日14時までにWEB契約完了が必要
※2 三井住友銀行の提携ATM手数料無料また、無利息利用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

関連ページ