いくらまで借りれますか?|どのくらいプロミスから借りれるのか

プロミスの利用限度額はどのくらい借りられるのでしょう

前もってプロミスからいくらまでの融資が受けられるかは、プロミスの審査を受けて審査結果を待つ以外に知る方法はありませんが、目安として他社借入れがなく、過去に金融事故(延滞・滞納のほか自己破産・債務整理・任意整理・民事再生・特定調停等)を起こしていないという条件の範囲内では、申告した年収の3分の1以内が上限の借入枠(利用可能額)となります。

ただし、初めての申し込みの際にいきなりプロミスからMAXの限度額を提示されることはまずないとみていいでしょう。多くは返済の実績を着実に積んで信用を増していくことで貸付される金額が大きくなっていくものです。(初めての借入の場合、金額的な利用可能額上限(枠)はおおむね20万円~50万円の範囲が多いようです。)

ですので、焦らずに最初は堅実に計画的に利用→返済を繰り返してクレヒス(ここではカードローンヒストリーとでも言いましょうか?)を刻んでいってください。

ただ、いくらクレヒスをつけようという意味で借入れをしたとしても、その間に1度でも延滞や滞納を起こしてしまっては全く逆効果ですし、また良いクレヒスを刻もうと、与えられた限度額の借入枠目一杯に借り入れてしまってはやはり逆効果です

前者は論外ですが、後者はふつう考えると「大きな額をしっかり返して行くんだから少ない額の返済よりいいのでは?」と考えてしまいがちです。しかし、お金を貸しているプロミス側から見れば、「よほどお金に困っていたのではないか?初めての申し込みで最初から枠いっぱいの自転車操業をしているのか。」という穿った見方もできますよね。

ですからこの場合の一番よいプランは、枠の半分程度の借入れをしておき、ある程度月々の返済額を大きく設定して早めに返してしまう。その次も同じかそれより少し高めの借入れをして、それを同じようにきっちり短期で返済してしまう。その後、少し期間を開けて(数か月)また同じようなレベルで借入れ・返済を繰り返していく、を繰り返していって、この間1回でも返済に遅れや滞りがなければ、プロミスからはあなたは「大変優良な顧客」と見てもらえること間違いありません。

使っては返すができる人はいつだってできる、ダメな人は大体1年も持たずに延滞や返済遅れ・滞納などに陥っていくものですから、それを一定期間しなかったあなたは「そういうこととは無縁のタイプ」とプロミスから仕分けされるわけです。ですからそうなるまでしっかりと実績を付け、信用を積み上げていけばプロミス側から必ず増枠のおすすめをしてもらえるようになるでしょう。

早ければ半年(6か月)程度でも状況が良ければプロミスの方からお声がかかると思います。

ただ、ここで注意!

焦って信用を構築する前に、プロミスにあなたから増枠の申請をしては絶対にダメです。
そちらに関しての詳しい内容はこちらから

※1 平日14時までにWEB契約完了が必要
※2 三井住友銀行の提携ATM手数料無料また、無利息利用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

関連ページ