学生でも借りれますか?|プロミスで学生が借入できるのか

学生がプロミスで借入可能なのかどうか

20歳以上で仕事をされている場合、それがアルバイトであっても定期的に見込めるものであれば安定した収入の範疇に入ってくるため、申込可能です。

対象の「学生」というくくりはもちろん、年齢的に中学生・高校生は対象にはなりえませんし、20歳以下の学生の場合、たとえ働いていて収入がある場合でも、親権者の同意がある場合でも同様に申込自体ができません。

対象となるのはおおむね20歳以上の大学生・大学院生・専門学校生等が対象になるのではないかと思われます。

しかし、申込すれば必ず融資を受けられるわけではないことはご存じの通り、そこには一般の方同様の審査があります。

ここで問題になりやすいのがクレジットカード払いの料金の引き落としや、携帯の端末料金の分割払い、あるいは学生ローン等で既に借入している状態であり、その業者が個人信用情報機関の登録業者であった場合の借入れの返済の際に延滞や滞納を過去に1度でも起こしてしまった場合です。この場合、それぞれの業者や団体が法律に基づきそれぞれが加盟している信用情報機関にその延滞・滞納の状況を報告しているはずです。

この場合、かなりの確率で消費者金融はもとより、銀行カードローンや信販系カードローンも審査通過は難しいと言わざるを得ません。当然、プロミスはその情報を共有していますから通常は申込の最初の段階で落とされてしまいます。

しかも、プロミスに審査申込した履歴だけはしっかりと残るため、次にどこか別の金融業者に申込しようとした場合にもプロミスで審査不通過だったことが一目瞭然になってしまい、スパイラル的に審査に通過しないサイクルにはまってしまう危険性もあります

また、奨学金を本人名義で申し込んでいる場合も、将来本人が返済義務を負う形になるために審査通過しにくい原因となることもしばしば見受けられます。

こういう場合、念には念を入れて、個人信用情報機関と言われる3機関にそれぞれ情報開示の請求をしてからじっくり対策を練ったうえで、プロミスに申込されることを強くお勧めいたします。

→(個人信用情報機関の詳細へのリンク)

※1 平日14時までにWEB契約完了が必要
※2 三井住友銀行の提携ATM手数料無料また、無利息利用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

関連ページ