プロミスの即日融資は可能なの?

結論からいうと、プロミスでは即日融資も可能です。

プロミスで即日融資を受ける方法はいろいろありますが、 はじめに、Web契約をして指定の金融機関の口座に即日振込をしてもらう方法です。

Web契約はパソコン・スマートフォン・携帯から24時間365日いつでも申し込みが可能です。

融資OKとなった後は、正式な融資可能額が決定され指定した連絡先に融資可能額の連絡がきます。この連絡は最短30分で来ますが、審査状況によって時間がかかることがあります。

即日融資を希望する場合は、時間に余裕を持って申し込んだほうがいいでしょう。

sokujituyuushi

Web契約では、この後に必要書類を画像化したもの(携帯のカメラやスキャナで撮ったもの)を送信して契約手続きが完了となります。この時も、必要書類に不備があると契約に時間がかかったり、あるいは契約を見送られる可能性が出てきますので、しっかりと確認しましょう。

契約が完了したら、会員サービス専用ページにログインし振込先口座を登録すれば、即日振込が可能となります。即日振込を利用しない場合でも契約が完了したら振込先口座の登録をしておけば、素早いキャッシングが可能になるので便利です。

※振込口座の登録は22:00まで

即日振込は、振込先口座を三井住友銀行かジャパンネット銀行に指定すれば、平日・土・日・祝日24時間いつでも受付完了から最短10秒で振込してもらえます。
それ以外の金融機関が振込先口座の場合は、9:00~14:50に受付を完了すれば最短10秒の振込が可能ですが、14:50以降の受付は翌営業日付の振込となります。

※瞬フリサービスをご利用いただく場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

自動契約機で即日融資

2012-06-15 15.16.50-114次に、自動契約機での即日融資もできます。

自動契約機では、スムーズにいけば約30で手続きが完了し、カードを受け取ればその場でキャッシングが可能になっています。

タッチパネルで指示に従って操作をし、審査を受け審査結果に問題がなければ契約可能額を知らせてくれます。その後契約をすれば、すぐにカードが発行されカードを使って全国のプロミスATMや提携ATMにて即日キャッシングが行えます。

三井住友銀行ローン契約機からも同様の手続きが可能となっています。

自動契約機には必要書類を忘れずに持参してください。⇒⇒ 手続きに必要な書類

自動契約機の受付時間は9:00~22:00(土・日・祝日も申込可能)三井住友銀行ローン契約機の受付時間は9:00~21:00(土・日・祝日も申込可能)となっています。先客がいた場合、タイムオーバーの可能性もありますから、時間にゆとりを持って出向くようにしましょう。

※自動契約機の受付時間は一部店舗で異なることがあります。

 

他にもある即日融資の方法

上記の2つの契約方法がプロミスで即日融資をするメインとなりますが、この他にも「プロミスコール(電話)」と「お客様サービスプラザ(店頭窓口)」でも、申込から即日融資までが可能です。

2012-06-15 15.16.50-165プロミスコールは受付時間が9:00~22:00(土・日・祝日も申込可能)となっています。電話でオペレーターに聞かれたことにこたえ、審査のうえ契約可能額が最短30分で知らせられます。(審査状況によって時間内に連絡できない場合があります)その後、必要書類を持参して自動契約機かお客様サービスプラザ(店頭窓口)に出向き、契約完了→カード発行→即日融資という流れになります。

※お申し込みの時間によって当日中の融資ができない場合があります。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)は受付時間が平日のみの10:00~18:00(一部の店舗では平日20:00まで、土日祝日も18:00まで営業)(※)です。

必要書類を持参し、お客様サービスプラザ(店頭窓口)に出向き、店頭スタッフの指示に沿って審査申込をします。審査通過後に契約可能額を教えてもらい契約をすればその場でカードを発行してもらえて、すぐにキャッシングができます。

※こちらのサイトでの情報は2015年8月7日現在のものとなります。店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、必ずプロミス公式サイトにてご確認頂けますようお願い致します

プロミスの24時間借入れ・返済が可能な金融機関まとめ

再度お伝えしますが、プロミスでの24時間申し込みできるのか?プロミス24時間電話で借入れ申し込みができるのか?という面を掘り下げてから、深夜でも借入れや返済ができる銀行やコンビニATMについてご紹介していきます。

・プロミスも営業時間があるため、上記でご説明した営業時間以外での”借入れ契約申し込み”はできません

・電話も24時間繋がります。ですがプロミス24時間電話サービスは、営業時間外はすべて自動音声案内に切り替わりますので、借入れ審査の依頼や諸手続きは翌日の営業開始を待ってからになります。

・プロミスでの借入れや返済は24時間営業の自動契約機併設ATMやコンビニATMで利用できます。
※ただし、返済日は日をまたぐ場合があるので日付の概念をしっかり持ってください。

 

深夜でも24時間プロミスの借入れ返済ができるコンビニATM一覧、および銀行

三井住友銀行、ローソンのATM、セブンイレブン併設のセブン銀行ATM
※三井住友銀行でのプロミス借入れ返済は手数料がいつでも24時間無料
※ローソンは赤色の「ローソンATMマーク」がある店舗で利用可能

以下のコンビニエンスストアーATMで「イーネット(E-net)」マークの表示があるところ

ファミリーマート、スリーエフ、ミニストップ、デイリーヤマザキ、コミュニティストア、セーブオン、ポプラ、セイコーマート、生活彩家
※手数料は10,000円以下借入れ返済とも108円。10,000円以上の場合には借入れ返済とも216円かかります。
※返済手数料を0円で利用したい場合には、ファミマのFamiポート、ミニストップ、ローソンのLoppi(ロッピー)店頭オンライン端末利用。

”E-net利用時の注意”

1回の入金額は千円単位で最大50万円まで、引き出しは千円単位で最大20万円まで(ともに硬貨の利用は不可)

三井住友銀行以外の銀行及びネット銀行は以下です

当然、銀行などの場合は営業時間内の利用が可能なので、各銀行ATMの営業時間は各々確認してください。(以下の金融機関はプロミスの融資と返済が可能です)

東京スター銀行、横浜銀行、三菱東京UFJ銀行、第三銀行、熊本銀行、福岡銀行、セブン銀行、イオン銀行、西日本シティ銀行

キャッシングのみ利用可能な銀行は以下

八十二銀行、広島銀行、親和銀行

※1 平日14時までにWEB契約完了が必要
※2 三井住友銀行の提携ATM手数料無料また、無利息利用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

関連ページ